薄毛の原因はAGA以外にどんなものがあるの?

MENU

薄毛の原因はAGA以外にどんなものがあるの?

最近は若い世代のうちから薄毛の症状が現れている人が増えており、
その多くの原因はAGA(男性ホルモン型脱毛症)であると言われています。

 

しかし、薄毛の全てが男性ホルモンが関与しているAGAというわけではありませんので、その他の原因についても把握しておいたほうが良いでしょう。

 

頭皮環境が悪くなっていることが理由で髪の毛が育ちにくい状態になっていたり、毎日の仕事によるストレス過多の影響で薄毛になることも考えられます。

 

タバコやアルコールは頭皮環境に悪い影響を与えると言われていますし、生活習慣が乱れていることで血液の流れが悪くなるために、
頭皮に十分に栄養素が届かないことも原因の1つとして挙げられます。

 

頭皮の皮脂やフケが異常に発生してしまうことで引き起こされる薄毛に、粃糠(ひこう)性脱毛症や脂漏(しろう)性脱毛症があります。

 

フケや皮脂が増えてしまうと、毛穴がふさがってしまいますので、それによって雑菌が繁殖してしまい、かゆみと炎症が起きます。いずれにしても毛穴が塞がってしまうことで、育毛環境が悪くなりますので薄毛の原因として考えられます。

 

女性に多くみられる脱毛症の一種として、脳下垂体からのホルモン量が低下することで髪の毛が薄くなる症状としてびまん性脱毛症があります。

 

びまん性脱毛症の場合には、頭皮の全体が薄くなる特徴があり、頭皮だけではなく全身の体毛についても薄くなる傾向があります。

 

10円玉ほどの範囲で円形や楕円形の脱毛症状が現れるものが、円形脱毛症となります。

 

円形脱毛症は自覚症状が少ない薄毛と言われており、主な原因としては強いストレスを受けたことや、自己免疫疾患によって誘発される異常によるものと考えられます。

 

他の脱毛症とは異なる特徴のある薄毛としては、トリコチロマニアがあります。
トリコチロマニアは健康的な髪の毛が生えているにも関わらず、欲求不満や精神的なストレスを抱えてしまっているために、自分で髪の毛を引き抜いてしまう精神疾患の一種となります。

 

福岡 薄毛治療ランキング

福岡の薄毛治療専門クリニックです。無料のカウンセリングをご利用ください。