自毛植毛のプロペシア治療との違い

MENU

自毛植毛とは?プロペシア&ミノキシジルによる治療との違い

薄毛やハゲといった症状は、クリニックで治療することができます。
一般には投薬による治療はAGA治療と呼ばれますが、このAGAは男性型脱毛症のことを指しておりハゲるにはまだ早い若年や壮年の人に現れるものです。
AGAの原因としては男性ホルモンの影響が関係していることがわかっており、それらの働きを抑えたりすることで状態の改善を目指すのがAGA治療になります。

 

AGA治療で使われる薬としては、男性ホルモンを抑制するプロペシアや、血行を良くすることで発毛効果を促すミノキシジルがあり、主にクリニックではこの2つを柱として治療が進められます。
一方でこれらの方法では、あくまでも毛根細胞を活性化して、弱まっていた発毛サイクルを正常に戻すことが治療の目的になります。
このため毛根細胞が正常に活動できる状態であることが治療の条件と言えます。

 

このため毛根細胞が正常に機能しない状態では、植毛という手段しか毛を生やすことができません。
植毛といっても人工毛と自毛の2種類があります。

 

このうち人工毛によるものは人工の毛を頭皮を埋め込むためリスクが高いため現在の日本では殆ど行われていないません。
一方で自毛を移植する自毛植毛は日本で広く行われています。

 

自毛植毛では毛根細胞を採取して、移植するという方法で上手く定着すれば、継続的に毛が生えてくるというものです。
ただし移植であるため、医師の技量によって仕上がりに差が出るため、満足の行く結果が得られないケースもあります。

 

いずれにしても治療の違いとしては、発毛を阻害する働きを阻害するのがプロペシアで既存の毛根細胞を活発化するのがミノキシジルになり、内服や外用といった投薬による治療を受けることが可能です。しかし、一方で植毛の場合には、外科的に毛を増やすことを目的としているため、手術に準ずる治療を受ける必要があります。このため費用も高額になりがちですが、投薬治療で効果がない場合でも、発毛させることができます。

福岡 薄毛治療ランキング

福岡の薄毛治療専門クリニックです。無料のカウンセリングをご利用ください。