HARG療法って何?絶対にやるべき?その必要性について

MENU

薄毛治療HARG療法とは?絶対にやるべきか?その必要性について

 

HARG療法について

 

HARG療法とは、毛髪の種である幹細胞を覚醒させる、毛髪の再生医療です。
HARG療法では、頭皮が再び発毛する状態に戻すために、幹細胞から抽出した栄養素「AAPE」を効率的に頭皮下に注入します。

 

HARG療法の必要性

 

薄毛治療では、プロペシアによる治療が一般的です。

 

日本で最も患者数の多い、ヘアメディカルの場合ですと、プロペシアに合わせて外用薬のミノキシジルを合わせて治療を行っています。

 

以上の治療は実績のあるクリニックで適切に行うことで十分な効果が見込まれます。

 

その為、HARG療法は必ずしも必要ではない治療と言えます。

 

HARG療法は、活動しなくなった発毛に関係する細胞を再生させることを目的としています。

 

一見地肌が見えている頭皮でも、マイクロスコープで拡大してみると細い毛が生きていることが大抵で毛根は生きています。

 

HARG療法は毛根が全く無くなってしまい、薄毛治療が不可能な場合に施される最後の手段といえます。

 

毛髪が見えない状態であっても、毛根自体は生きていることがほとんどなので

 

失われた細胞を再生させる目的で行われるHARG療法はほとんどの患者には必要ではないと言えます。

 

 

HARG療法は、月1回、合計8回をワンクールとして半年から1年程度で治療が行われます。

 

HARG療法は、傷痕や痛みも少なく、副作用やアレルギーに関する安全性についても考えられています。

 

初期コストは他の治療よりも割高になりますが、失われた毛根が再生できるというメリットは大きいといえます。

 

しかし、まずは高額なHARG療法ではなく、通常の発毛治療を受けられることが適切と言えます。

 

「自分がどんな治療を受けるべきなのかが分からない」という方は一度、専門のクリニックの無料カウンセリングを受けられてみてはいかがでしょうか。

 

>>ヘアメディカル無料カウンセリングについては

 

勧誘も無く、対応も親切である為、無料カウンセリングを受けておいて損はありません。

 

東京・大阪・名古屋・福岡にクリニックがありますが、東京のクリニックについては予約が取れ辛いと思われますので、その点はご了承ください。

 

>>ヘアメディカル無料カウンセリングの詳細はこちら

福岡 薄毛治療ランキング

福岡の薄毛治療専門クリニックです。無料のカウンセリングをご利用ください。