薄毛治療に外用薬・内服薬のどっちが有効なの?

MENU

薄毛治療に外用薬・内服薬のどっちが有効なの?

薄毛に悩まれている人は、数多くの方法で改善をしていることかと思われますが、育毛剤の中には大きく分けて外用薬と内服薬の2種類が存在します。

 

外用薬とは、頭皮に直接塗布して有効成分を浸透させるタイプのもので、ドラッグストアなどでたくさんの種類が販売されています。

 

内服薬は、基本的にAGA専門クリニックになどで薄毛治療の一環として処方されるもので、プロペシアが有名です。

 

プロペシアは薄毛の元になる酵素の働きを阻害することで抜け毛を防止します。

 

また、外用薬として使われているのはミノキシジルです。

 

ミノキシジルは血圧を下げる薬として使われていましたが、副作用として患者に増毛の傾向が見られることから、薄毛治療に使われる様になりました。

 

医療機関で処方される外用薬は、市販の外用薬に比べて配合濃度が高いため、市販薬では効果がないという人は医療機関で処方されるミノキシジルの外用薬を使用してみるのも良いでしょう。

 

では、外用薬と内服薬はどちらの方が薄毛に有効なのでしょうか。

 

答えは、プロペシアだけでなく、ミノキシジルと併用することが理想です。

 

プロペシアはDHTを生成してしまう還元酵素を阻害して薄毛の進行を食い止めるのに対し、ミノキシジルが発毛を促進させる役割を持ちます。

 

「AGAをこれ以上進行させたくない」ということであれば、プロペシアを服用すれば良いでしょう。
ただし、専門の医師から信頼できるものを処方してもらってください。

 

ネットには中国やインドから流れてきた偽ものが、パッケージからは分からない状態で出回っているので注意して下さい。

 

  • 髪の密度を増やしたい
  • 髪の毛を太くしたい
  • 発毛させたい

 

という希望があれば、今のところ可能なのはこのプロペシアという内服薬と、ミノキシジルという外用薬という、2つの治療薬を併用する治療を行うことになります。

 

 

 

 

 

福岡 薄毛治療ランキング

福岡の薄毛治療専門クリニックです。無料のカウンセリングをご利用ください。