薄毛治療の薬で副作用が出る可能性はどれくらいの確率?

MENU

薄毛治療の薬で副作用が出る可能性はどれくらいの確率?

プロペシアは薄毛治療で最も用いられている飲み薬です。
プロペシアに含まれているフェナステリドという成分が5αリダクターゼ還元酵素を阻害して薄毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)が抑制されるというのが特徴的効果です。

 

元々フェナステリドは前立腺の治療に使用されてきました。
もう一つの代表的AGA改善で使用されている塗り薬のミノキシジルは本来高血圧治療のための血管拡張薬です。

 

また、プロペシアには副作用があると言われています。

 

では、薄毛治療の薬で副作用が出る可能性はどれくらいの確率?かというと・・。

 

以下の様になります。

 

  • 性欲減退=1.1%
  • 勃起機能不全=0.7%

 

 

ですから、特にこれから子どもが欲しいと考えている若いカップルの男性は、必ず医師の処方のもとで的確な指示を受けて使用する必要があります。

 

しっかりとした医療機関では血液検査を行っており、薬に対しての害が無いかを事前に調べています。

 

また、安全に治療を受けようと思ったら、毎月処方の都度にしっかりと頭部のチェックや血圧を測定するといった診察を行うことが理想です。

 

福岡 薄毛治療ランキング

福岡の薄毛治療専門クリニックです。無料のカウンセリングをご利用ください。